突然やってくる家族葬

main-img

自分の知り合いが亡くなると言う事は中々、現実味がありません。
しかし病気であったり、不幸なことで事故であったりと、生まれてきたからには必ず終わりがあります。



人が亡くなると言うことは、どの様な関係の人でも悲しいものです。身内であれば、なおの事です。


自分には関係がないと思っていても、突然やってきます。

悲しいことに、病気治療中であろうが元気であろうが、最期がやってきます。

急に最期が来ても、お葬式はしないといけません。

最近のお葬式は、昔と違い家族葬が増えていると思います。色々、理由があるとは思いますが、近年の葬儀ではお香典を辞退するのも関係している思います。昔と違い、受付を地域の人に頼まないことが増えているからかも知れません。

家族葬と聞いて、少ない親族だけで故人を送るという事に年配の方は、抵抗があるかも知れません。

家族葬の情報源として、このサイトを効率的に利用するべきです。

しかし家族葬だからと言って、本当に親族しか参列しないというわけではありません。

家族葬と言っても、親しい友人などは参列してくれます。

YOMIURI ONLINEを利用してみる価値はありますよ。

中には、家族葬と聞いたけど葬儀に参列させて頂きたいと、おっしゃって下さる関係者の方もいます。
後から、亡くなったことを聞いて、お供えをして下さる方も居ます。

覚悟を決めていても、最期の時が来るとうろたえるものです。


しかし色々な手続きや、決め事であっという間に過ぎていきます。

どの様な葬儀の形式であっても、故人を思うことが大切です。故人が、大切にしてきた人たちに見送られるのが、一番だと思います。

突然やってきた最期でも、きちんと送りだせたらと思います。

大人の常識

subpage01

現代は冠婚葬祭をそれほど重要視しなくなりました。昔の日本は娯楽が少なく、人が多く集まる冠婚葬祭こそが人生における喜びであり、楽しみ、娯楽でもあったのです。...

more

社会の事柄

subpage02

家族葬は、参列者への気遣いにおわれることもなく、精神的・体力的に負担が軽くなるというメリットがあります。また、故人を偲ぶゆったりとした時間を持つこともでき、受付や会葬返礼品を準備する必要もなく、参列者の人数を事前に把握しやるいというメリットもあります。...

more

納得の真実

subpage03

現代は様々なことに新しい価値観や考え方が見られるようになっているのです。それは冠婚葬祭に対しても同じように価値観の変化が見られるようになっているのです。...

more

知りたい情報

subpage04

時代と共に人の価値観や、死生観は変わっていくものです。特に冠婚葬祭に関する価値観はここ10年で随分変わっていると言わざるを得ません。...

more